ぎんかのクソメモ

読んだ本の記録とかそんなの

レディより美女なメンズを観てきました

今更ながら、ミュージカル刀剣乱舞「つはものどもがゆめのあと」大阪公演の感想です。ちまちま書いていたのですが気付けばこんなにも時が経っていました。気絶でもしてたのでしょう。気持ち悪いかもしれませんすみません。

 

 

 

こないだ大阪で公演されましたミュージカル刀剣乱舞「つはものどもがゆめのあと」を観てまいりました。すでに日付は忘れております! 多分今年に入ってから!

ミュージカル刀剣乱舞にはなんとライブがあるんですよ! メインイベント! 第二部ライブ! ぶっちゃけ第一部見てホロリとしたとしても全部ぶっ飛びます。案の定ぶっ飛んだんで記憶が朧げですが今回も感想文。歳をとると記憶領域消えますね!

ミュージカル刀剣乱舞は遠い昔にありました歴史の始まり、「トライアル公演」をライブビューイングで観ております。確かこれはそのあとの「阿津賀志山異聞」と同じ内容だったはず。今回の「つはものどもがゆめのあと」はその内容を若干踏まえていました。どちらも義経と弁慶の話になります。こちらでも「時を超える」の美味しいところをもっっそり活かしてありました。「阿津賀志山」の展開とは異なる展開になるのです。その理由を簡単に述べますと「三日月宗近が周回に飽きていたずらを始めた」って感じです。わあ〜審神者の心をなんてわかっていらっしゃるの脚本家さま! そりゃもう飽きますよねあのクソゲー!なんっっっっっかい修正の修正させんだよ! なーーーにが節分だふざけんな! 新規ボイスありがとうございます!!!!

その不穏な気配を感じ取ったミュ審神者が、新参者の源氏兄弟の二人に秘密裏に監視するよう命じるんです。まあこの辺の話は大したことなかったかな。お、見張ってんな! ってくらいです。はい。

阿津賀志山ではいまつるちゃんが「義経公助けるもんヤダヤダ!」ってするんですけど、つはもののいまつるちゃんは成長してて、ダメなものはダメってちゃんと自制するのが可愛いです。いいこいいこ。

あとは今回歴史上人物たちがよく活躍していました。ブロマイドが発売されるのもわかります。勧進帳の泣けるシーンも観られます。歴史なんか全然覚えていませんが、これ知ってる…かつて大昔教科書で見たような気がする…!ってなること間違いなしです。FGOしてたら義経公の船をヒョン!ヒョン!のシーンは大興奮したことでしょう!

この辺りの演出もすっごくて! なんだろう……プロジェクター……? そういう使い方するんだ……みたいな! 演劇ってすごいんですね。2.5次元が流行らないと観てなかったのかと思うと勿体無いことをしてたんだなあと思います。

 

前座はさておき、刀ミュのメインはライブです(違う)。

注目すべきは衣装でしょう。みかち(個人的愛称です)以外は露出度が少なかった。でもみかちは背中あっぴろげのえっろいやつ着てます。ブロマイド買いましたがもうちょっとそこを推してくださってもよかったのでは??と思ってしまいました。一緒に見に行った友人は通路側に座っていたのですが、横を通った膝丸のちらりと見えた腰部分に興奮していました。気持ちはわかる。源氏兄弟にはとても心が躍った。俳優さんのダンススキルが最高に活かされてて、もうくるんくるん回る。兄者は横に回り、弟者が縦に回る! バレエかなんかやられてた方なのだとか聞きました。記憶力がうんこですが、ライブパートで強烈に覚えてるのは双眼鏡でみかちを舐めるように見ていたのと、源氏兄弟が回ってるところ。あとはなんて名前の曲か忘れたけど可愛い曲があったのでCDを買わなければいけませんね。生で観ると音量が違いますね。マッサージやら満員電車でもみくちゃにされたような熱が残りました。心臓は疲れたけど、滅多にないくらい心が踊りました。ディズニーランドなんか比じゃないですよ。スケジュールが合って、チケットを取れる人はぜひ観に行くべきです。推しがいなくても楽しめます。一期一振がミュージカルに現れないのはなんでなの?

とにかくライブが観たい!って方には真剣乱舞の方がおすすめなのかも。こちらはズーーーーーーっとライブ。私はこんなのがあったことを知らなかったので、観劇後の恍惚感にかまけてこちらのDVDをポチっていました。できれば今年は生で見たいですね!一期一振を出してください。

 

 

疲れたのでおしまい。